読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

疫学と医療統計学と遺伝学と時々、大学院生活

疫学を専門とする大学院生の研究に関する備忘録的ページ。

IBM Edge2015でのPharmacogeneticsに関するプレゼンテーション

Genetic epidemiology GWAS epidemiology daily life youtube

今回はIBM Edge2015でのPharmacogenetics(ゲノム薬理学)による個別化医療に関するScott Megill, CEO of Coriell Life Sciencesのpresentationを紹介する。すぐにご覧頂けるように、動画はこのサイトに埋め込んでおきました。

www.youtube.com
ご覧できないかたはこちらへ(IBM Edge2015: "Personalized Medicine in the Age of Genomics" by Scott Megill (Coriell Life Sciences) - YouTube

Coriell Life Sciencsについては下記のサイトをご覧下さい。
http://www.coriell.com/

個人的な感想
  • やっぱり可視化って解りやすい。
  • やっぱりある選択肢を否定するなら、それ以外の代替となる選択肢を提示するのは重要。
  • やっぱり個別化予防よりも個別化医療の方が先進しているかな。
  • この機能はいいけど、この例では薬理学にとても遺伝的な要因の影響はは少ない印象を受ける。



20160310
RF